ECS社員対談
  • ECSに入社を決めたきっかけは?

    小野『私は就職セミナーでたまたま社長の説明を聞くことになって、お話していると本当に楽しそうな会社だなと感じて入社したいと思いました。ITの開発なんてまったく関係ない専攻だったのですが、そんなのは入社してからで大丈夫ということでしたので安心しました。

    実際に入社してみると、本当にITが未経験でもすぐに開発に加わることができ、システムを学びながら技術も身につけられる環境だとわかりました。』

    絹谷『実際のところ、就職セミナーで社長はどんな話をしていたんですか?』

    小野『ほとんど全部、社員旅行で韓国に行った時の話でした(笑)』

  • ECSはどんな会社?

    絹谷『とにかく斬新なアイデアやチャレンジが歓迎される職場だなと感じます。逆に言えば、型にはまった考え方で決められたことだけコツコツやっているだけではダメということです。』

    小野『自由な雰囲気づくりや自由な発想を、社長だけでなく社員全員で歓迎しようという雰囲気がありますよね。』

    絹谷『システム開発の現場でどうすればよりお客様に喜んでもらえるかを考えるだけでなく、新しい商品やサービスの企画や開発でも、お客様や社会、地域経済のためになると思えばどんな独創的なアイデアでも排除しないという社風は非常に風通しもよくて居心地が良いですね。』

  • 仕事をする時に心掛けていることは?

    小野『システムに関する技術的なことだけでなく、お客様それぞれの業務についてしっかりと理解することを心掛けています。業務フローに沿ってシステムを構成するためには、まずは業種/業界に精通することが大切だと考えています。』

    絹谷『私は常に、システムがお客様のビジネス成功に繋がるかどうかを考えます。お客様の中には、今までやっている紙や表計算ソフトの作業をクラウドでそのまま実現したいと考えられることがあるのですが、そうではなくて新しいシステムを導入することによってお客様がどれだけ浮いた時間を別のビジネスに使えるが大切なんです。』

  • ECSに入ってよかったことは?

    小野『女性としては、結婚後や出産後の働き方まで会社が提案してくれているのが嬉しいですね。クラウドに力を入れているのも、お客様にとって経済効果が高いというのはもちろんですが、社員にとっても将来の働き方改革を考えた上での経営判断ということでした。オフィスにいなくてもクラウドなら場所を問わず仕事ができるので、出産や育児の後の社会復帰を後押ししてくれるのは心強いです。』

    絹谷『私はセールスフォースのソリューションを地元の広島を中心とした中四国エリアのお客様に直接提案できる仕事に出会えてラッキーだと感じています。これまでは東京でいくつかのソフトウェアベンダーで商品やサービスを企画したりマーケティング活動をしていたのですが、広島に帰ってきて地元のお客様一社一社の顔が見える状況で提案し、満足していただける活動ができるのは本当に楽しいです。』

  • 最後に、ECSに興味を持ってくださる方にヒトコト

    小野『システム開発やプログラミングの経験がなくても大歓迎です!それよりもアイデアをカタチにしたい方や、社会経済を構成する様々な業務や業界に精通しながら開発の技術を身に着けたい方をお待ちしています。』

    絹谷『地域経済に貢献したい、クラウドで一社でも多くのお客様を成功させたいという方にピッタリの会社だと思います。広島でのクラウド普及はこれからというタイミングなので、潮目を逃さないように!』

▲ .