株式会社ECS: トップメッセージ
  • 高い技術を持つプロフェッショナル集団

    ECSはコンピュータシステムの開発を主力として、2005年2月に創業しました。

    激動するIT環境で企業のニーズも多様化し、どの業種/業界においてもオリジナリティーのあるシステム開発が求められている中で、当社は社会の進化と未来に向けてスキルレベルの高い技術者を育成し、オフショア・ニアショアにおいてシステム開発が出来る集団づくりを構築し、なお一層お客様の事業が成功するよう支援していきます。

    単なるプログラマーのスキル習得だけでなく、様々な現場で総合的に判断できる能力と行動力の備わった人材を育成しています。

  • お客様に信頼されるアドバイザーへ

    ECSの社員は、お客様が求めている以上の価値を提供することを心掛けるようにしています。お客様の要件をそのままシステム化するだけでは、本当にお客様のビジネス成功に直結しているかどうか分かりません。

    当社では様々な業種、規模、業界の顧客事例に基いて、お客様自身が気付いていない最善のソリューションを提案することができます。お客様に言われた通りのシステムを納品するよりも、常に潜在的な要件を引き出して『期待していたより良いシステムができた』と満足してもらうことがゴールです。

    これにより、ECSがお客様にとって信頼されるアドバイザーになることを目指しています。

  • 自由なカルチャーで生まれる大胆なアイデア

    いつも社員には、なにか面白くてワクワクするようなアイデアを出すことを奨励しています。社内の風通しも良く、誰もが自由にアイデアを出せる環境作りをみんなで心掛けています。

    日頃あれこれとルールばかりで固められていたら自由な発想など期待できないので、ドレスコードも特に設けていません。お客様の訪問時や応対がなければ、服装は各自の良識に任せています。さすがに短パンやビーチサンダルで出勤する社員はいませんが(笑)、リラックスしたカジュアルウェアで出社する人も大勢いますし、あるいはカチッとしたビジネスウェアを好む人もいて、それはそれで各個人の『自由』を尊重しています。

  • 何にでも好奇心を持って、
    とにかくチャレンジを楽しもう

    私自身、いつも色んなアイデアを考えているのが大好きで、新しい技術やサービスはビジネスやコンシューマを問わず、とにかく触ってみるタイプです。

    我々を取り巻くテクノロジーや商習慣、ビジネスの在り方も日進月歩の中で、新しいことにチャレンジできない企業は時代に取り残されてしまいます。

    当社では自由な発想を推奨し、新しい商品やサービスへのチャレンジを全面的にサポートしています。社員を単なる『従業員』としてではなく、一人ひとりが『起業マインド』を持てるよう、これからも勇気付けていきます。

▲ .